今年観た映画 その3(最後)

シルとシーフォ





引き続き……

今年観た映画の感想です。

「ユーモアがなければ生きている意味は無い」

ジョン・ウォーターズ



【ひみつの花園】矢口史靖

西田尚美かわんないナアー。

映画によっておばさんにも見えるし、少女にも見える。

小林聡美みたい。

【新仁義なき戦い 組長の首】

菅原文太ヴォイス。ひし美ゆり子の魔性。

出所したあとの組って、総じて裏切るよね!

【ウィッカーマン】

最高に気持ち悪い!

盲目的に信仰する島民達の最後のダンス……まるで諸星大二郎の世界。

死にゆく主人公が神に自分を「救う」か「発狂させて」ほしいと頼む。そこもいいナアー。

【緋牡丹博徒】

藤純子って石原さとみに見える。

口上から始まるのがかっこいい!

また、山城新伍が入れ上げた芸者(花魁?)に焦がれて叫ぶ、

「〆奴!!!!」

というフレーズが頭から離れない。

「しめやっこ」。

聞いたことが無い。

いや居たんだろう。居たんだろうけど。「しめ」「やっこ」って。

はじめ聞いた時は「湿奴」だと思った。

心まで しめらせて今宵 湿奴


一句詠んでみた。だからどうということではない。


【ビルマの竪琴】市川崑

水島!って呼びたくなるね。

じっさい観ながら画面に向かって呼んでいた。一緒に日本に帰ろう!

オウムを使ったやり取りの秀逸さ。

菅原文太という役者の「一本気な感じ」とか「人を惹きつける魅力」を

あんな最悪な形で反映させるっていうのは、すごい意地悪なキャスティングだナア。すごい。

水島!!!!



【アンダー・ザ・シルバーレイク】

まるで黒沢清のホラー。不穏が延々続くも、ところどころ笑える。

そして謎はどこまでも謎。悪夢巡礼。深読みしたくなる。

ニルヴァーナのあの曲を聴くと、今後はこの映画を思い出してしまう。



【近松物語】

4K上映で観た。いい。

事前知識まったく無しの状態で観たから度肝を抜かれた。

【少林寺木人拳】【蛇拳】

いい。

蛇拳→猫拳になっていた。

【ボヘミアン・ラプソディー】

フレディの人生、クイーンのたどってきた軌跡の流れから

曲につながっていくと、もう泣く。

でっかいスクリーンで観れて本当によかった。

IMAXもこういうのだったらどんどん人が集まるよね。



【アタック・オブ・ザ・キラートマト】

トマトが街を襲う。

究極につまらない映画として有名な本作。だが実際に見てみると、すんごく面白い。

連発されるギャグはちゃんとわかりやすいものだし、話も一応筋が通ってる。

いちばん好きだったギャグは、序盤も序盤だけど

「会議室がめちゃくちゃ狭い」

というものだ。

そこに偉そうな大人達が無理して入ってくる。最高じゃないか。

ここだけちょっとモンティパイソン。

【マタンゴ】

キノコが人を襲う。

すてきな映画。

「このキノコを食べたら、いつかキノコになるのよ~」

なんなんだ、それは。なんだそのトンデモ理論は。

「馬鹿ッ! あいつらもう半分キノコだ……」

馬鹿はお前だ。

話の深刻さと「キノコ」って単語の軽さがミスマッチでいい。

だってキノコだ。

ほそくって、くびれてて、急にぽこっと丸いんだ。

元来、深刻なはずがない。




以上です。

他にも何か観たような気がしますが、日記に残ってなかったので忘れました。

今年も(たぶんそうならないけど)よい一年にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。