【美味しんぼ】を観て死ね 2



富井

その1



年末年始、Netflixで【美味しんぼ】ばかり観ていた。

あの【美味しんぼ】だ。

山岡が栗田と共に「究極のメニュー」作りに挑む。

そして山岡の父である海原雄山と戦う、あの【美味しんぼ】だ。


【美味しんぼ】の良さを伝えたいと思う。


富井副部長だ。


声が甲高いんだ。見た目ほとんどラーメン大好き小池さんだ。

中間管理職のサラリーマンの持つ卑近さ、軽薄さ。見栄っぱり、強情さ、怠慢、女性軽視、すべてが彼に備わっている。

時と場合によって山岡を「山岡!」と呼び捨てにしたり「山岡くん」と猫なで声で呼んだりするのも富井だ。富井らしいんだ。


でも何でも美味いと言う。

そこが彼の美点だ。

何でもまずいという男と比べて、どちらがいいかなんて明白だろう。

頬骨が出て、唇が厚くて、目が三角で、名人三五郎の彫った根付の様な顔をして
自分を知らない、こせこせした
命のやすい
見栄坊な
小さく固まって、納まり返った
猿の様な、狐の様な、ももんがあの様な、だぼはぜの様な、
麦魚の様な、鬼瓦のような、茶碗のかけらの様な日本人

「根付の国」高村光太郎より


高村光太郎の「根付の国」に表現される日本人像は、まさに富井的だ。
ちょっとあんまりだと思う。だぼはぜはともかく、「命のやすい」ってことはないじゃないの。

ただ、それでも憎めないのが富井だ。

軽薄で卑近で、見栄っぱりで強情、怠慢、女性軽視、選民思想、

醜怪、俗悪で、足が臭けりゃ口も臭い。おらが村じゃあ下衆と書いて富井と読む。

はげている。


でも何でも美味いと言う。

わたしは富井副部長のようにありたいと思う。

(堀内)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。