タグ: 秋田

【11.6お話会終了!】


堀内です。
11.6「性とジェンダーのお話会」【助産師さんに聞く!性のモヤモヤ】終了しました!
ご参加いただいた皆さん、有難うございました。


今回も前回ゲスト回同様に、前半を司会の篠原とゲストの平野さん対談パート(通称「まりりんの部屋」)、
後半を参加者の皆さんでのお話会という構成でお送りしました。


対談パートでは、平野さんの実体験を元に


・助産師を志した理由、助産師になって感じたこと
・海外協力隊に入ったきっかけ。性教育や避妊における、日本との違い
・アフターピルの効用について。どうして日本で広まらないと思うか?

などをお聞きしました。
また、平野さんには参加者の方に事前に頂いた質問にも答えていただきました。


お話会パートでは、生理、避妊といった日常の話から始まり


どうやって自分の子供に性の話をしたらいいのか?
・学校で性教育が必要なのは子供?それとも保護者?教師?
低用量ピルって使った方がいい?どんな副作用がある?
正しい知識ってどこから得ればいいんだろう?
・産婦人科に行くのってハードルが高いよね。

…など様々な話題に広がっていきました。

「誰とでも話せそうで、その実あまり話す機会のない話題」について気軽に話すというお話会の主旨に合った会になったかと思います。
参加者の皆さんとゲストの平野さんにおかげで、今回も気づきのある、良い会になったかと思います!


次のゲスト回は、2月に開催する予定です。
次回もまた参加ご検討いただければ幸いです。


—————————————————-
性とジェンダーのお話会 Twitterアカウント
※「性とジェンダーのお話会」
trunkメンバーの篠原万里が主催している会で、「気軽に性やジェンダーについて対話をする」という主旨で開催しています。


【今後の予定】


11.12に行われる東京トランスマーチ2022の応援企画として
「書籍【トランスジェンダー問題を読む」という配信番組を行います。

収録番組なので、是非お時間ある時にご視聴ください。


おたよりも募集しております。
SHIEU-SEE Youtubeチャンネル
おたより送信フォーム

—————————————————-

【お話会終了!】

9.11「性とジェンダーのお話会」
【ももふく編集長に聞く!秋田の働きやすさ】

終了しました!

ご参加いただいた皆さん、有難うございました。

会の内容については、テーマの性質上ここで詳しくは書かないのですが、
お話会パートではゲストの豊島さんのお話の感想から始まり
さまざまな職種、立場の方たちの「働きやすさ(にくさ)」の話
へと広がりました。

こういうハラスメントがあるよね…秋田はこういうところがよくないよね…という話題ばかりではなく、
「じゃあ、今後はどうなったらいい?」「どうして、ハラスメントは起こる(する人が生まれてしまう)のだろう?」
というところまで話題が広がって、結果的にとても有意義な回になったかと思います。

個人的には今回、「対話形式」を入れるこのお話会の意義をあらためて感じました。

話が広がっていく様子を見て、講演会式のような一方通行ではない会が、やはりあってもいいのでは?
タブーのように扱われがちな性・ジェンダーの話だからこそ、対面で話すのが面白いのでは?

なんてことを帰り道に考えました。

運営する側からすれば、ファシリテーション(まりりんお疲れ様でした…!)が大変だし、
どういった人たちが集まるのか…話が盛り上がらなかったらどうしよう…と何かと不安でもありますが
メンバーやゲストの方、そして何より参加者のみなさんの力を借りて、今後も続けていこうと思います!

豊島さんもありがとうございました(お疲れ様でした!)!
グラレコのいけはたさんもお疲れ様でした!

次のゲスト回は、11月に開催する予定です。
次回もぜひ参加ご検討ください。

「性とジェンダーのお話会」
trunkメンバーの篠原万里が主催している会で、
「気軽に性やジェンダーについて対話をする」という主旨で開催しています。